江戸川区松江、船堀の歯医者「うめむら歯科医院」のインプラント治療のページです。

English
Icon_face
TEL 03-3652-1818English

インプラント治療

自分の歯のような咬み心地を

インプラント治療とは、虫歯や歯周病、そしてケガなどで失ってしまった歯の機能を取り戻すための治療のひとつです。チタン製のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋めて支台にして、その上に被せ物などの人工歯を装着したり、特殊な入れ歯を装着したりして歯の機能を回復します。人工歯根が顎の骨にしっかりと結合することで、自分の歯のときに近い力で噛むことができます。

江戸川区船堀の歯医者「うめむら歯科医院」では、インプラント治療をご提供致します。今ご利用の入れ歯では満足できない方、自分の歯のような噛み心地と見た目を手に入れたい方、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療の特徴

インプラント治療の特徴

失ってしまった歯の機能を回復する方法にインプラント治療のほかに、取り外し可能な入れ歯治療やとなりの歯を削って支台にして連結した人工歯を装着するブリッジ治療があります。入れ歯の場合は、ある程度の大きさのあるものを口の中に入れるので装着感がよくありません。

また食べ物の温度が伝わりにくいので、食事の楽しみを損なってしまうことがあります。歯が残っている場合は、バネ(クラスプ)をかけるので、大きな負担がかかり、クラスプをかけた歯の寿命を縮めてしまうのです。ブリッジ治療は、装着感はあまり悪くありませんが、となりの歯が健康であっても削らなければならず、かなりの負担をかけるので、やはり支台の歯の寿命を縮めてしまいます。

その点、インプラント治療はまわりの歯に負担をかけません。外科手術を必要とするので治療期間がかかるうえ、費用もかさんでしまいがちですが、メインテナンスを行えば長い期間使用可能です。

こんな方におすすめします
  • ・入れ歯ではうまく咬めないし食事が味気ない方
  • ・治療したことをほかの人に気づかれたくない方
  • ・残っている歯に負担をかけたくない方 など

うめむら歯科医院のインプラント治療の特長

  • ・治療結果の永続性を追求しています
  • ・手術の安全性を高めています
  • ・治療時間・治療期間の短縮を目指します
  • ・手術における苦痛をできるだけ軽減します
  • ・治療期間中の不便さをできるだけ抑えます

インプラント治療の流れ

診査・カウンセリング

まずはカウンセリングでインプラント治療に対する不安点や疑問点、ご要望などを伺います。またお口の状態に合わせて考えられる治療法について丁寧にわかりやすくご説明します。歯科用CTなどを使用し精密検査を行い、診査データに基づいて治療プランを立てます。治療費や治療期間、通院回数などのお話をします。ご理解・ご納得いただけましたら、インプラント治療の開始です。

ガイデッド・サージェリーを使用したインプラント治療の流れ
1:CT撮影 2:シミュレーション
顎の骨や神経や血管の位置などを正確に詳細に把握します。 CT撮影のデータを基にインプラントを安全に埋め込むためのシミュレーションを行います。
3:インプラント埋入 4:仮の入れ歯装着
治療計画に基づいて作製したサージカル・テンプレートを使用してフラップレス術式でインプラントを埋入します。 仮の入れ歯を装着して帰宅していただきます。経過観察後、人工歯または入れ歯を装着します。
インプラント治療の流れ
インプラント埋入

こちらは一般的なインプラント埋入手術の手順です。外科処置を2回行うので、「2回法」とも呼ばれています。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

一次手術 治癒期間 二次手術
一次手術 治癒期間 二次手術
顎の骨にインプラントの下部を埋め込みます。蓋をして歯肉を縫合します。 およそ3~6ヶ月の間、インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。 インプラントが安定したら、人工歯を取りつけるための装置を装着します。
インプラント治療の流れ
人工歯の装着

人工歯を取りつけるためのアバットメントを結合し、そしてその上に人工歯をつくり装着します。

インプラント治療の流れ
メインテナンス

インプラントを長持ちさせるためには毎日のセルフケアとともに定期的な歯科医院でのケアが大切です。インプラント部分に汚れをためてしまうと歯周病に似た「インプラント周囲炎」を起こしてしまうことがあり、インプラントが使えなくなってしまうことがあります。メインテナンスを活用し、長くインプラントを使用できるようにしましょう。

安全・安心のインプラント治療のために

うめむら歯科医院ではガイデッド・サージェリーを利用したインプラント治療にも対応しています。ガイデッド・サージェリーでは、歯科用CTで得たデータを基に、インプラントを埋め込む位置や深さなどをシミュレーションします。そして治療計画を立て、計画通りにインプラントを埋め込むためのサージカル・テンプレートを作製し、サージカル・テンプレートのガイドに沿ってインプラントを埋入するのです。

歯肉の切開する手術方法とは異なり、穴を開けてインプラントを埋入するので、患者さんへの負担の軽減につながります。精密で正確なインプラント埋入が可能になるうえ、治療時間の短縮も可能です。そしてほとんどの場合、インプラントを埋入した日に仮歯(入れ歯)をつけての帰宅できます。

患者さんのお口の状態によっては、「2回法」ではなく、ガイデッド・サージェリーを用いた無切開手術(フラップレス術式)とすぐに仮の入れ歯を装着する「即時負荷インプラント」が可能になるのです。

totop