歯周病なら江戸川区のうめむら歯科医院

江戸川区の歯医者 うめむら歯科医院 > 歯周病

歯周病治療の重要性

江戸川区船堀にあるうめむら歯科医院では、プロフェッショナル・オーラルケアに基づき軽度から重度の歯周病を持つ患者さんに対して、可能な限りご自身の歯を失わないように治療を進めております。

30才代で80%の方が歯周病にかかっていると言われております。もはやひとごとの病気ではありません。歯周病は大人の方の歯科治療では一番基本的な部分であると江戸川区のうめむら歯科医院は考えております。

歯周病は感染症です。プラークや歯石の中の細菌が歯肉の炎症を引き起こし、放っておくとその下の骨に炎症が広がり骨を溶かしてしまいます。痛みのないまま進行し、気がついたときには 歯がぐらつき、噛む力が弱ったり歯が抜け落ちたりします。また、歯周病菌が血液中に入り込み心臓疾患や肺炎など命に関わる病気へつながる可能性もあります。

そうなる前に江戸川区のうめむら歯科医院で最先端の治療を受けてください。ご自身の歯を守り全身の健康を保つ為にも、歯周病にならないようにしっかりと予防し、なってしまっても軽度のうちに対処したいものです。そのためには江戸川区のうめむら歯科医院にお越しください。

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

下記のフローチャートは一般的な歯周治療の流れであり、個々のケースによって変更する場合があります。また、効果には個人差があります。

歯周病の原因は細菌感染です。その原因除去の方法は、機械的プラークコントロールと科学的プラークコントロールがあります。
重度の歯周病の場合、この両者を併用する事でより効果的な治療結果を得ることができます。当院では歯周病の患者さん個人個人の状態に応じて最新の科学的根拠に基づいたプログラムを作成し治療を進めております。

  • ページの上部へ戻る

歯周病の治療

歯周病治療第一歩は現状の把握と患者さんご自身の治療に対する積極的な気持ちを持っていただくことから始まります。

歯石除去や 毎日のブラッシングに加え、歯周病菌の数を減らす方法や場合によっては溶けてしまった骨の再生療法など外科処置を行うことにより、歯周病を改善させることが出来ます。

歯周病治療と義歯のケース

治療前

治療前

治療後

治療後

治療から10年後

治療から10年後

この方は10年以上前に初診で来院された時、古いブリッジと歯ぐきの隙間のほとんどが虫歯で、歯周病も重度に進行していました。治療は歯周外科処置を行い、上顎は新しいブリッジを装着し、下顎は磁性アタッチメントによる義歯を装着しました。

現在10年以上経過していますが、患者さんのプラークコントロールもよく、定期検診も欠かさずお越しになっていただき、良い状態を保っています。

高度な歯周病治療の例

再生療法

炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周外科手術が必要になります。

この手術の際に、エムドゲインゲルという、たんぱく質を主成分とした、歯周組織再生誘導材を使用します。 手術部位にエムドゲインゲルを塗布し、歯の発生過程に似た環境を再現します。歯が生えたときと同じような強い付着機能をもつ歯周組織の再生を促進します。

内科的歯科治療

歯周病をひきおこす細菌は10種類以上あるといわれています。内科的歯科治療では歯周病菌の有無や数などを調べる細菌検査を行い、それらの細菌に有効な抗菌薬を使用(化学的プラークコントロール)しながら、全ての歯に付着している歯周ポケッ ト内の歯石を徹底的に除去(機械的プラークコントロール)します。この様にして口腔内 全体の歯周病を引き起こす細菌を減らして歯周病を治癒へ導きます。
※画像をクリックすると拡大されます。

治療費についてはこちら

  • ページの上部へ戻る

歯周病の進行と症状

こちらは、正常な歯や歯肉、歯槽骨の状態です。

歯垢(プラーク)や歯石が沈着すると、歯周病菌が増え歯肉に炎症が起こります。 歯肉が腫れていたり、歯みがきなどで簡単に出血したりすると、最初のサインです。

次第に、歯肉の腫れがひどくなり、歯を支えている骨が溶けはじめてきます。歯が少しグラついてきます。

放っておくと、骨はさらに溶けてなくなりグラつきがひどくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

  • ページの上部へ戻る

歯周病なら江戸川区のうめむら歯科医院へ