一般歯科・小児歯科

江戸川区の歯医者 うめむら歯科医院 > 一般歯科・小児歯科

できるだけ歯を残す一般歯科治療

一度削った歯は元に戻らず、一度抜いてしまった歯は二度と生えてきません。生涯にわたってお口の健康を維持するためには、できるだけ歯を削らないこと、抜かないことが重要です。

うめむら歯科医院では、
「できるだけ歯を残す治療」を心がけています。

むし歯の悪化などによる歯の喪失は避けなければなりませんが、かといって何度も歯を削るのも歯の寿命にとっては望ましいことではありません。一度削った歯は元に戻らず、一度抜いてしまった歯は二度と生えてこないのです。

生涯にわたって自分の歯を使い続けるためには、できるだけ歯を削らないこと、抜かないことが重要です。うめむら歯科医院では、「できるだけ歯を残す治療」を心がけています。歯の喪失の要因となるむし歯の予防に力を入れたり、診療・治療に最新機器を用いて歯への負担を最小限に抑えたりすることで、歯を残す治療に努めています。

予防で歯の健康を守る

当院では、できるだけ歯を削ったり抜歯したりしなくて済むように、定期検診の受診をおすすめしています。むし歯が進行してしまうと、それだけ治療は長期化し、身体的・経済的負担も増えてしまうもの。患者さんの将来のために、当院は二人三脚で健康な歯を守ります。

最新機器で精度の高い歯科診療・治療を

当院では、正確・確実な診療・治療を行うために、歯科用CTを導入しています。歯科用CTとは、歯や顎の骨など目に見えない箇所を高解像度の3D画像で捉えることのできる診断機器です。これまでレントゲンでは確認できなかった箇所が鮮明に確認でき、精密な診断を可能にし、精度の高い診療・治療へと導きます。また、起こりうる症状を事前に予測できることもあり、病気の早期発見・治療へとつなげることもできます。

主にインプラントや口腔外科処置の診断に使われますが、当院ではむし歯治療などの際にも使用。低被曝なので、身体への影響は心配ありません。

小児歯科

私たちの願いは、「患者さんの歯が生涯健康であり続けること」。
そのためには、お子様のうちからしっかりと口腔内環境をケアすることが重要だと考えています。

江戸川区内およびその周辺地域にお住まいの患者さんの歯を生涯にわたって健康に保つべく、当院では次のような方針に基づいて小児歯科治療を行っています。

歯の大切さを教える
小さいうちから「歯は一生付き合う大切なもの」と知ってもらえるように、丁寧でわかりやすい説明に努めています。
予防処置・ブラッシング指導
フッ素塗布などの予防措置はもちろん、むし歯を作らないためのブラッシング指導・食生活指導にも力を入れています。
人と人とのコミュニケーション
お子様に楽しく歯科医院に通っていただき、保護者の方に安心していただくためのコミュニケーションを重視しています。

保隙治療について

乳歯はいずれ大人の歯に生え変わるので、虫歯になっても大丈夫と思っている方もいると思いますが、そうではありません。

虫歯が大きくなって、乳歯を抜かざるを得なくなると、色々な問題が起きます。
乳歯は永久歯に生え変わるために、お口の中で必要な存在なのです。 永久歯が生える前にやむを得ず抜歯した場合に、当院では保隙治療を行っています。

保隙治療とは、本来、次に生えてくる永久歯のために場所(スペース)を確保する装置を入れて、永久歯が生えるまで様子を見ていくことです。

咬み合わせが乱れたまま成長すると、将来、お口だけでなく顔の骨格や身体全体にも悪影響を及ぼします。
成長期に歯並びや咬み合わせを整えることは、顎の成長を正常に戻すことであり、正しい成長を促すことにつながります。

むし歯予防について

むし歯をきちんと治したら、次は予防が大切です。特に、お子さんの場合、ピカピカの永久歯が生えてくる時期に予防をすることができますし、また、その時期は予防の効果も大いに期待できる時期なのです。家庭でのお口の管理だけでなく、歯科医院でのフッ素塗布やシーラントを行って、積極的にむし歯予防に励みましょう。

お口のれんらく手帳

お口のれんらく手帳について

当院では定期的に通院される患者さんへお子様や保護者の方と担当医とのコミュニケーションのため、 「お口のれんらく手帳」を用意しております。

来院時に受付に渡していただくと、治療後、注意事項や治療内容を担当医が記入してお返しいたします。

  • ページの上部へ戻る