江戸川区のインプラント治療とは

江戸川区の歯医者 うめむら歯科医院 > インプラント

  • 当院のインプラント治療の特徴
  • 安心・安全なインプラントのため
  • インプラント治療の流れ

インプラントとは

江戸川区のうめむら歯科医院が行うインプラント治療は、歯周病や虫歯などで歯を失ってしまった患者さんのために、人口の歯を新しい歯として使って頂く治療です。見た目の美しさとともに、しっかりと噛むことやしっかり発音できるこのインプラントは乳歯、永久歯と並び第3の歯とも呼ばれています。

江戸川区にあるうめむら歯科医院は最新の技術を駆使し、安全で安全なインプラントを行います。

インプラントのお悩みを江戸川区のうめむら歯科医院が解決いたします。
江戸川区でインプラント治療をご検討ならうめむら歯科医院へお気軽にご相談ください。

インプラント治療の特徴

また、入れ歯やブリッジなどは他の歯に対し少なからず、負担があるもので、取り外して手入れするなど、わずらわしいこともありましたが、インプラントはそのような負担やわずらわしさが大きく軽減されます。

審美性―見た目の美しさ― しっかりと噛める―天然の歯と変わらない機能― 残った歯を守る

インプラント治療は自由診療で決して安い治療法ではありませんが、本来の歯と同じような機能や見た目の美しさを求められている患者さんにとって、満足のいく治療法だと思います。

  • ページの上部へ戻る

当院のインプラント治療の特徴

江戸川区のうめむら歯科医院はインプラント治療に際してはMI(ミニマム・インターベンション=最小限の侵襲)を目指しております。抜歯即時埋入法やレーザーなど最新の技術を取り入れ治療期間の短縮や手術後の痛みや腫れを最小限に抑える手法を導入しております。

また手術中は十分な麻酔を行い、痛みのないように処置しますが、不安な方には鎮静のお薬や静脈内鎮静法などで楽に手術を受けられる体制も整えております。安心して江戸川区のうめむら歯科医院にお任せください。

インプラントを埋入する骨が少ない方にはGBR法(骨増大術)やサイナスリフトやソケットリフトを、また歯肉の厚みが足りない方には遊離歯肉移植術や結合組織移植術なども行っております。

インプラント治療は単に新しい歯としてキレイな人工歯を入れるだけではありません。
江戸川区うめむら歯科医院では、残っている歯を守るという大きな役割を果たしています。

しっかりと噛める、話せる、笑うことが出来るなど、これらの歯の持つべき機能を天然の歯と同じようにインプラントでも機能させることが必要と考えます。

したがって、患者さんの骨や粘膜の状態、また本来の噛み合せなどを診査して、しっかりと状態を見極め、機能するインプラントを手に入れるために必要な処置を行い納得していただいた上で治療を行います。

それが江戸川区うめむら歯科医院のやり方です。

当院がインプラントの書籍で紹介されました

当院がインプラント専門ポータルサイト「インプラントネット」に掲載されました。

  • ページの上部へ戻る

インプラント埋入のケース(奥歯)

治療前

治療前

治療後

治療後

この方は下の奥歯に一本欠損がありましたが、インプラントを埋入することにより、ブリッジでの治療のように前後の虫歯ではない歯を削ることなく、治療を済ませることが出来ました

インプラント埋入のケース(前歯)

治療前

治療前

治療前

治療後

治療後

治療後

前歯が折れてしまい、ご来院されました。途中で折れてしまった歯の根を取り除き、インプラントを埋め込みました。前歯でも、ブリッジのように両隣の歯を削ることなく、見た目もキレイに修復することができます。

インプラント治療の流れ

1.診査・カウンセリング
インプラントの手術は、
  • 失われた歯の数
  • インプラントを埋め込む骨の厚みや高さ
  • 抜く予定の歯の根の状態
  • 残存歯の状態や噛み合わせ
により、治療法には患者さんごとに様々な選択肢があります。
日常生活での口腔衛生管理などを含め、総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。
模型やレントゲンや場合によってはCTなどによる十分な診査診断を行い、治療計画についての説明を行います。
2.一次手術
顎の骨にインプラント(ネジのようなもの)を埋め込みます。このインプラントが新しい歯の土台となります。手術の翌日には通常の生活ができます。
3.治療期間
一次手術後、およそ3~6ヶ月の期間、インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。
4. 二次手術
インプラントが完全に顎骨と結合したら、人工の歯を取り付ける準備をします。
インプラントの上にもう1つネジを取り付けて、歯茎が治るまで1週間程度待ちます。
5.人工の歯を作製・装着
歯を入れるために必要なアパットメントを連結し、型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに固定します。
6.メインテナンスと定期検診
新しい歯を作りはじめたら、口の中を衛生的に保つ必要があります。適切な指導を受け、半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントの状態、噛み合わせを確認します。
同時に自宅でもきちんとした歯磨きを行い、この新しい歯をより良い状態で保つことを心がける事が大切です。

安心・安全なインプラントのために・・・

「ガイデッドサージェリー」を利用したインプラント治療の流れ

CT撮影データとシミュレーションソフトウェアを組み合わせて、治療計画を作ります。

計画通りにインプラントを埋め込むために、患者様ごとにサージカル・テンプレート(手術用補助器具)を作製します。

手術の前に骨の形態や質、神経の位置を把握し、安全・安心な治療を行うことができます。

ノーベルガイドは、安心・安全なインプラント治療を
サポートするためのシステムです。
インプラントの手術には様々な方法があり、必ずしも
上記の方法で行われるとは限りません。
※ガイデットサージェリーは別途料金がかかります。

  • ページの上部へ戻る

インプラントは手段

治療費についてはこちら

  • ページの上部へ戻る

インプラントなら江戸川区のうめむら歯科医院